Steelpan Orchestra PAN NOTE MAGICSteelpan Orchestra PAN NOTE MAGIC



サイト更新日 2018-06-16

メンバー紹介

小針 彩菜 プロフィール

Ayana Kobari

スティールパン小針 彩菜
2014年、洗足学園音楽大学打楽器科を首席で卒業。
卒業時に優秀賞を受賞して、卒業演奏会に出演。
同年5月、洗足学園音楽大学の最優秀卒業生として、日本で最も権威のある新人演奏会『読売新人演奏会』に学部長推薦のもと出演。
打楽器協会主催、第30回打楽器新人演奏会にてマリンバ部門賞と、最高位である岩城賞を受賞。
第18回JILA音楽コンクールマリンバ部門3位入賞。
2015年NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」にスティールパン奏者として出演。
2015年・2016年・2017年と3度、スティールパンの本場トリニダード&トバゴに渡り、現地のバンド「All Stars」のメンバーとして、世界最大のスティールパンコンテスト「パノラマ」に参加し。2015年・2017年度は優勝を飾る。

使用楽器について

Double Second Pan(ダブルセコンドパン)

ダブルセコンド音域:F#2〜C#5
オーケストラで言うと、ヴィオラに相当します。
ダブルテナーに比べると音の配列が分かりやすく、バンドの要になる楽器なのでテナーパンの次に人気のある楽器です。
近年この楽器を2つのパートに分ける事が多くなって来ています。
その際はDouble Second1がメロディーのオクターブ下を弾いたり、コードバッキングを担当します。
Double Second2は殆どの場合コードバッキングを担当します。
PAN NOTE MAGICではコードのバッキングやオブリガードを担当する事が殆どですが、中低音がメロディーになる場合はメロディーを担当することもあります。