相洋高等学校

相洋高等学校 芸術鑑賞会

相洋高等学校で初の2回公演

2013年12月19日、相洋高等学校の芸術鑑賞会で演奏させて頂きました。
高等学校の演奏は90分公演1回が基本です。
PAN NOTE MAGICは今回初めて90分ステージ×2回という過酷なステージを経験しました。
高等学校のプログラムは基本的に難しい曲が多く、集中力と体力を必要とします。
それが2回というのはかなりきつい本番になる事が容易に想像で来ましたが、
演奏中のメンバーのアドレナリンと相洋高等学校生の笑顔のおかげで、なんとかやり遂げました。
IMG_4156.jpg

ホールの裏側

相洋高等学校の芸術鑑賞会で使用させて頂いたホールは少し特殊で楽器の運搬をリフトで行います。
今回は前日入りだったので余裕はありましたが、雨も降っていて楽器量の多く音響機材も入る僕らには少し困難な搬入でした。
このホールは大きい控え室の部屋が沢山あり、合同の発表会などのような催しには最適な印象でした。ちなみに下記の写真がリフトを使用しての搬入の様子です。

IMG_9714.jpg

2回公演で見えてくる事

相洋高等学校で2回演奏するのは体力的には辛いですが、おかげで勉強になる事も沢山ありました。
1回目と2回目で微妙に演奏やMCのトーンを変えてみると盛り上がり方の違いが見られました。
どうすれば全生徒一緒になって楽しい時間を共有出来るのか?相洋高校ではそんな事をとても考えさせられる本番でした。
今回の公演が2013年の芸術鑑賞会の締めくくりになりますが、今回の相洋高等学校での演奏の経験を
2014年の公演に生かしていきたいと思います。みんなありがとう!!

R0016294.JPGリハーサル中は真剣です。
IMG_1187.jpg広い控え室に固まる男子
IMG_2784.jpg広い控え室に固まる女子
R0016280.JPGドラムからの景色はこんな感じ