渋谷Womb

渋谷のクラブWomb

Wombでスティールパン

日本最高峰のクラブ『渋谷Womb』にて開催されたイベントDay&Night -Winter-に出演しました。
初めてのクラブ進出で、まさか渋谷Wombで演奏出来るなんて…。本当に感謝の言葉もありません。
この渋谷Wombというクラブは、クラブランキングで世界3位になった事もあるみたいです。
そんな所に、クラブ初進出の僕らが演奏出来るなんて幸せです。
Womb1p.jpg

クラブで盛り上げる為に

クラブで演奏する場合、まず大切な事は踊れるかどうかという事。みんな踊りに来るのは、
ここWombでも一緒です。クラバーが踊る為に必要なのはまずはバスドラムの強烈な4分打ち。
なので、僕らは曲と曲のつなぎもずっとバスドラムの4分打ちは鳴らし続けました。

次に必要なのは音量。とにかく爆音が必要です。ありったけのマイクをスティールパンに付けました。

曲は何をやるか迷いましたが、30分の内2曲もパノラマチューンをやっちゃいました。
Pan in A minorとPan in a Rage。パノラマチューンはメロディーを聞く音楽というよりは、
リズムの絡み合いを楽しみ音楽。クラブには以外とあっているんじゃないかと思いました。
Womb1j.jpg

音楽以外で

今回はクラブということで初めてVJを導入してみました。VJというのは演奏にあ合わせて後ろに映像を流すんです。普段とは違うちょっと豪華なLiveになりました。今回が初めてと言うこともあり改善点もあるかもしれませんが、大きな1歩を踏み出しました。そして、クラブでは欠かせないですね。
Womb1q.jpg

結果として

クラブでスティールパンの音楽は通用するのかどうか?心配と不安でいっぱいでしたが、
要らぬ心配でした。演奏が始まれば、もうHappyの嵐でした。みんなノリノリで聞いてくれて…。
そりゃあ、もうメチャクチャ楽しかったですよ!!PAN NOTE MAGICにとってもですが、
スティールパン業界にとっても大きな一歩だったんじゃないかと思います。